不動産売却をするとき悪徳不動産業者に引っかからないためにすることとは?

不動産売却をするのであれば、絶対に頭に入れておきたいことがいくつもあります。 今回、取り上げるテーマは、その1つである「悪徳不動産業者に引っかからないための自己防衛術」です。 残念ことではありますが、不動産業界にも悪徳業者と言わざるを得ないような業者が存在します。

そして、不動産売却と言えば、大きな額が動く売買契約となるため、引っかかってしまった場合の被害額が大きくなってしまいます。 となれば、大きな精神的な苦痛を味わってしまうため、絶対に引っかかりたくありませんよね。

ということで、以下より、早速、この自己防衛術を記載していきたいと思います。 完璧な方法ではありませんが、容易にチェックすることができ、さらに効果も高いためお勧めです。 知識として持っておいても損はないかと思うので、ぜひともご一読を!

■効果覿面な防衛術は「免許の提示」

宅地建物取引業という言葉をご存知ですか? 実はこれ、不動産売買を行うときに免許が必要ですよという法律となっています。

国土交通省が発行しており、公的な免許となるため、悪徳業者に引っかからないためには、単純にこの免許があるか?を確認すればOKです。 ただし、偽造されている可能性もあるため、実物をしっかりと知っておく必要はありますが。

ともあれ、比較時に悪徳業者を排除するための一番良い方法かと思います。 合わせて、売買実績なども確認しておくと、より完璧に排除ができるかと。